東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

クラブ活動

東洋医学研究会

研究会の歴史

平成7年に発足し、冷え症に対して鍼灸はどのような効果があるのだろうか? ということをメインテーマに掲げてさまざまな研究を行い、発表してきました。

活動目的

サーモグラフィや自律神経測定器などさまざまな器機を用いて、鍼灸治療で何ができるのか。また、どのような効果が得られるのかを研究し、その結果を年に1回、全国の専門学校が集まって発表する場である学術大会で発表することを目的としています。

活動内容

毎週、月曜日に活動しています。3年生は10月の発表に向けて実験データの集計と発表用スライドの作成。1・2年生は来年の10月に行われる発表を目指して、新たな実験の準備作業とプレ実験、データの解析を行っています。

4月 今年の活動方針発表
5月 新入生歓迎会
6月~9月 実験とデータ解析、学内での発表
10月 学術大会(発表)
11月~3月 1・2年生中心での実験とデータ解析
学内での発表の様子
研究風景
学内での発表の様子
2016年度の発表の様子

東京医療福祉専門学校

新着情報 アクセス お問い合わせ

MENU