東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科(本科)

その発祥は江戸時代。吉田流あん摩術を次代に伝える人材を育成。

医療専門課程 3年取得資格 はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師(国家試験受験資格、卒業時〝専門士〟の称号付与)

本校が唯一継承している吉田流あん摩術を経験豊富な教員が基礎から丁寧に伝えます。
あん摩のほか指圧やマッサージも学べます。

ピックアップ カリキュラム

吉田流あん摩術

東京鍼按灸治附属講習所明治40年設立 「吉田流あん摩術」に関する技術と知識を習得し、施術を安全確実に行える能力と態度を身に付けることを目標に、基礎から応用まで3年間で学びます。
1年生では、その特徴である手の母指を用いた「線状揉み」の練習を中心に行い、またこれ以外の手技を学びつつ患者さまが座っている姿勢や横になって寝ている姿勢に対しての施術を学びます。2年生においては、1時間の施術時間で全身に対して行う方法と多くの患者さまにみられる肩こりや腰痛などの施術を勉強します。また、もう一つの特徴でもある肘を用いた「肘揉み」とその応用について学びます。3年生では、腹部施術をはじめ患者さまの姿勢にあわせた施術の応用方法を知り、最後に3年間の総復習としての実技試験を行ったうえで合格者には「修了証」を授与します。

東京帝国大学物療内科における吉田久庵
東京帝国大学物療内科における吉田久庵
講習所講義室の授業風景
講習所講義室の授業風景
講習所実習室の授業風景
講習所実習室の授業風景
講習所実習室の授業風景
講習所実習室の授業風景
■第1学年時間割(例)
  9:00~10:30 10:40~12:10 13:00~14:30
月曜日 解剖学Ⅱ 生理学Ⅰ あん摩マッサージ指圧理論
火曜日 英語 医療概論 解剖学Ⅰ
水曜日 臨床心理学 あん摩実技 はり実技(経絡的治療)
木曜日 生物学 はり実技(基礎) 経絡経穴概論
金曜日 マッサージ実技 東洋医学概論 東洋医学概論

在校生インタビュー

阿久津雅史

教え上手な先生と刺激の多い環境。毎日充実しています。

阿久津雅史 / 入学前:社会人

高校時代からアロマに興味があり、また自分が腰痛になった際に治療を受けた経験もあって、入学前はリラクゼーション施設で働いていました。しかし、その店舗の目的は身体を揉みほぐしてリラックスできる時間を提供すること。身体の各部に悩みを抱え、辛そうにしているお客様を治療することはできませんでした。そこで、一念発起して施設を退職。東京医療福祉専門学校への入学を決意しました。
学校の先生は知識が豊富で、常に適切な回答を返してくれます。また社会人目線で見ると、教員になるべくしてなった、教え方の上手い方が多いように感じます。そのため授業後も「手技療法研究会」というサークルで先生から知識や実技を学び、アルバイト先のリラクゼーション施設で実践しています。施術後、お客様の可動域が変わり喜ぶ顔を見るのは、やはり嬉しいものです。
もともと空港のリラクゼーション施設で働いていたことから、卒業後は鍼灸師として渡米を考えていました。しかし、学校で刺激を得るたびに自分の考えが刷新され、今は様々な進路を視野に入れています。まだ見たことのない道を教えてくれる環境を楽しみながら、自分の中にある新たな可能性にチャレンジし続けていきたいと思います。

新着情報 アクセス