東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

はり・きゅう科(専科)

東洋医学の根幹をなす鍼・灸施術に特化した学科。エキスパートを育成します。

医療専門課程 3年はり師、きゅう師(国家試験受験資格、卒業時〝専門士〟の称号付与)

施術の根幹をなす「はり」の技術をきめ細かく指導。基本から応用までフォローします。
鍼と並び重要な灸。本校は「深谷灸法」を採用。

カリキュラム

基礎分野

  • ■生物学
  • ■組織学
  • ■臨床心理学
  • ■英語
  • ■社会福祉概論
  • ■薬理学概論
  • ■栄養学

専門基礎分野

  • ■解剖学
  • ■生理学
  • ■運動学
  • ■衛生学・公衆衛生学
  • ■病理学概論
  • ■臨床医学総論
  • ■臨床医学各論
  • ■リハビリテーション医学
  • ■医療概論
  • ■関係法規

専門分野

  • ■東洋医学概論
  • ■経絡経穴概論
  • ■はり、きゅう理論
  • ■中医学概論
  • ■東洋医学臨床論
    (臨床基礎理論)
  • ■東洋医学臨床論
    (中医学)
  • ■東洋医学臨床論
    (現代医学的治療)
  • ■東洋医学臨床論
    (スポーツ臨床学)
  • ■社会学
  • ■解剖経穴学
  • ■はり実技(基礎)
  • ■はり実技(経絡的治療)
  • ■はり実技(パルス)
  • ■はり実技(特殊鍼法)
  • ■きゅう実技
  • ■吉田流触診法
    【Newカリキュラム】
  • ■はり実技(臨床応用)
  • ■リハビリテーション実技
  • ■臨床実習

ピックアップ カリキュラム

  • 吉田流触診法【Newカリキュラム】

    吉田流触診法

    吉田流あん摩術唯一の継承校だからできる授業。平成28年度から「効かせる」ツボを探すために必要な「触れる」技術を学べます。

  • はり実技(基礎)

    はり実技 基礎

    あらゆる鍼の技法の基本となる授業。銀鍼(ぎんしん)という柔らかい鍼を刺入する技術を徹底して習得します。

  • はり実技(経絡的治療)

    はり実技 経絡的治療

    経絡は全身を循環し、生命を維持しています。体調の不良は、経絡に異常があると考え、授業では経絡の状態を把握する脈診を中心とした診断法を基に経絡を調整する軽微な刺鍼技術を学びます。

  • はり実技(パルス)

    はり実技 現代医学的治療(パルス)

    現代医学的治療の技法として、筋・神経に対する鍼通電療法を学びます。目的の組織への安全な施術を行うための注意点なども学びます。

  • はり実技(特殊鍼法)

    きゅう実技

    施術の型に関わらず、あらゆる技法に応用できる「隠し球」のような方法を学びます。中国鍼や特殊な現代医学的鍼治療もここで学びます。

  • きゅう実技

    はり実技 基礎

    火傷をさせない知熱灸を出発点に、実践的な「深谷灸法」を学びます。また、ショウガやニンニクを用いる隔物灸もこの授業で学びます。

■第1学年時間割(例)
  9:00~10:30 10:40~12:10
月曜日 きゅう実技 解剖学
火曜日 はり実技(経絡的治療) 生理学
水曜日 臨床心理学 英語
木曜日 生物学 東洋医学概論
金曜日 はり実技(基礎) 解剖学

在校生インタビュー

横田奏絵

先生や学生との距離が近くわからない部分をすぐに解決できる

横田奏絵 / 新潟県立八海高校出身

私は、高校の福祉科出身なので、医療、治療、介護などの分野に興味を持っていました。そのため、卒業後に東洋医学を学ぶという道は自分にとって自然な選択でした。 一方で、少し迷ったのは学校選びです。将来的には治療院を持ったり、実家が経営している新潟県内のホテル内で治療院を開くといった選択を考えているため、授業のレベルが高く、しっかりと技術が身に付く学校を選びたかったからです。
私の場合、まずはウェブサイトの情報を見て選択肢を絞り、東京と埼玉にある3校の説明会に行きました。最終的にこの学校に決めたのは、説明会で聞いた先生方の話が分かりやすかったため。距離が近く感じられ、「この学校なら、もし授業で分からないことがあったとしても気軽に聞ける。きちんと学べる」と確信したからです。
実際、授業では難しいことが多く、つまずくこともあります。しかし、もっともいけないのは「わかったつもり」になってしまうこと。その点に注意して、私は理解が浅い部分をくり返し勉強するようにしています。先生に質問しやすいだけではなく、クラスメート同士の交流も深く、本科の学生とも交流が持てるので、そのような機会を通じて学びを深め、いつか開業という夢を実現したいと思っています。

資料請求 アクセス