東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

学費・サポート

学費納入金とその他の費用

学費 はり・きゅう・
あん摩マッサージ
指圧科
はり・きゅう科 柔道整復科 鍼灸マッサージ
教員養成科
入学金300,000円300,000円300,000円300,000円
前期授業料750,000円500,000円500,000円600,000円
施設管理費100,000円100,000円100,000円-
入学時納入金額1,150,000円900,000円900,000円900,000円
後期授業料750,000円500,000円500,000円600,000円
初年度合計金額1,900,000円1,400,000円1,400,000円1,500,000円
2年次学費等合計金額
(前期 + 後期)
1,600,000円
(850,000円 + 750,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,200,000円
(600,000円 + 600,000円)
3年次学費等合計金額
(前期 + 後期)
1,600,000円
(850,000円 + 750,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
-
合計3年間
5,100,000円
3年間
3,600,000円
3年間
3,600,000円
2年間
2,700,000円

← スクロール →

▼学費

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科
入学金 300,000円
前期授業料 750,000円
施設管理費 100,000円
入学時納入金額 1,150,000円
後期授業料 750,000円
初年度合計金額 1,900,000円
2年次学費等
合計金額
1,600,000円
(前期850,000円 + 後期750,000円)
3年次学費等
合計金額
1,600,000円
(前期850,000円 + 後期750,000円)
合計(3年間) 5,100,000円
はり・きゅう科
入学金 300,000円
前期授業料 500,000円
施設管理費 100,000円
入学時納入金額 900,000円
後期授業料 500,000円
初年度合計金額 1,400,000円
2年次学費等
合計金額
1,100,000円
(前期600,000円 + 後期500,000円)
3年次学費等
合計金額
1,100,000円
(前期600,000円 + 後期500,000円)
合計(3年間) 3,600,000円
柔道整復科
入学金 300,000円
前期授業料 500,000円
施設管理費 100,000円
入学時納入金額 900,000円
後期授業料 500,000円
初年度合計金額 1,400,000円
2年次学費等
合計金額
1,100,000円
(前期600,000円 + 後期500,000円)
3年次学費等
合計金額
1,100,000円
(前期600,000円 + 後期500,000円)
合計(3年間) 3,600,000円
鍼灸マッサージ教員養成科
入学金 300,000円
前期授業料 600,000円
施設管理費 -
入学時納入金額 900,000円
後期授業料 600,000円
初年度合計金額 1,500,000円
2年次学費等
合計金額
1,200,000円
(前期600,000円 + 後期600,000円)
合計(2年間) 2,700,000円

※2年次及び3年次の学費等合計金額の前期納入額には、施設管理費100,000円を含みます。

その他の費用 はり・きゅう・
あん摩マッサージ
指圧科
はり・きゅう科 柔道整復科 ダブルスクール
白衣・教科書・教材
(3年間合計金額)
約200,000円約200,000円約250,000円約410,000円
常陽会費
(入学時のみ)
30,000円30,000円30,000円30,000円

▼その他の費用

白衣・教科書・教材(3年間合計金額)
はり・きゅう・
あん摩マッサージ指圧科
約200,000円
はり・きゅう科 約200,000円
施設管理費 100,000円
柔道整復科 約250,000円
ダブルスクール 約410,000円
常陽会費(入学時のみ)
全学科 30,000円

※教科書・教材費は毎年改版・改訂等があるため、2月下旬に確定したのちご案内します。

※常陽会に入会すると、卒業後、常陽会(OB会)を通じて「鍼灸賠償責任保険」に申込できます。また、会主催の特別講演等を生涯無料で受講できます。

※その他費用は、原則として入学前(3月20日前後)にお支払いいただきますが、実習時災害補償掛金など毎年次払いとなるものもありますので、あらかじめご了承ください。詳細は別途ご案内します。

※教員養成科の教材費等については学校までお問い合わせください。

併願制度(1回で複数の学科が受験できます。)

(1)はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科を第一志望とされる方は、
「はり・きゅう科」、「柔道整復科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。

(2)はり・きゅう科を第一志望とされる方は、
「柔道整復科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。

(3)柔道整復科を第一志望とされる方は、
「はり・きゅう科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。
※いずれの場合も、併願の学科の受験料は免除され、併願の学科の出願書類も不要となります。

学生特典

(1)本校独自の学費等減免・奨学金制度

1・入学金の免除・減免

①本学園卒業生(精神保健福祉学科を除く)の入学金免除制度
本学園の卒業生が本校に入学を希望した場合、入学金を全額免除します。

②指定校推薦入試の入学金減免制度
指定校推薦入試を経て、入学する方には、入学金の減免制度があります。

③企業推薦者の入学金減免制度
出願時に治療院などによる企業推薦を経て、はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科、柔道整復科に入学する方は、入学金を10万円減免します。ただし受験後の追加推薦は認めません。

2・各種奨学金・学費減免制度

①特待生奨学金制度(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科、柔道整復科)
1・2年次の成績・出席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、進級時に10万円を減免します。

②特待生奨学金制度(教員養成科)
1年次の成績・出席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、2年次の学費を前期・後期各期に30万円を減免します。ただし本学園卒業者は適用となりません。

③ダブルスクール奨学金制度
はり・きゅう科、柔道整復科に同時に在籍している期間中の前期・後期各期に10万円を支給します。

④教員養成科現役進学奨学金制度
本校のはり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科を卒業後、すぐに教員養成科に進学する方は、1・2年次の前期・後期各期に10万円を支給します。

⑤医療系国家資格保有者の奨学金制度(教員養成科以外)
入学時に本校の指定する医療系国家資格を保有している方は、毎年10万円の奨学金を支給します。

3・その他

はり・きゅう科、柔道整復科にダブルスクールで同時に在籍している期間中の施設管理費は、1学科分(10万円)を全額免除します。

適用に条件がある場合があります。
詳しくは入試事務局までお問い合わせください。

(2)海外研修

本校と提携関係にある現地施設の協力により実施しています。病院で担当の中医師と患者を診る実習や講義を受け、修了者には修了証書が授与されます。

(3)通学定期・学割

通学定期・旅客運賃に学生割引が適用されます。

(4)勤労学生控除

本校の学生で、所得税法等において該当する者は、勤労学生控除を受けることができます。

(5)単位認定制度

本校では、大学・短期大学・専修学校・各種学校(文部科学省認定)・養成学校(厚生労働大臣認定)で履修した既取得単位を一部履修免除できます。

奨学金・教育ローン

公的な2つの奨学金制度

<日本学生支援機構>入学後

経済的に困難な状況にある低所得の生徒に対して、大学等への進学を後押しすることを目的とした奨学金制度。返還の必要がある貸与型と、返還不要の給付型があります。

<東京都育英資金>入学後

都内在住で、高等学校・高等専門学校・専修学校(高等・専門課程)に在学する方のうち、勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な方に、無利息で奨学金を貸与する制度です。

4つの教育ローン

本校は他社様と提携し、教育ローンを導入しています。
入学金や授業料、教材費などの学納金を保護者さまに代わって他社様が学校へお支払いし、保護者さまは分割払いで他社様にご返済いただきます。

詳しい情報は各学科ごとに分かれております、該当する箇所をクリックしてください。

<オリエントコーポレーション> 入学前入学後

<セディナ> 入学前入学後

<日本政策金融公庫>入学前入学後

国の教育ローンで、入学される方または在学されている方の保護者に対して、入学金、学校納付金などの入学費用や、授業料、通学費などを融資する制度。日本学生支援機構の奨学金と併用も可能です。

<みずほ銀行>入学前入学後

学校に納入する資金だけでなく、制服代や教科書代、仲介業者に支払う留学費用等、教育関連資金全般で利用可能な教育ローン。窓口以外にパソコンからも申し込みできます。

その他の支援制度

<専門実践職業訓練給付金制度>入学後卒業後

働きながら、また仕事を探しながら学びたい方々向けに、教育訓練施設(学校など)に支払った経費(授業料など)の一部を雇用保険から支給してくれる制度です。

<教育資金贈与非課税制度>入学前入学後

お孫さんの教育資金(入学金、授業料、施設設備費、入学試験の検定料など)に充てるために贈与する場合、贈与税が非課税になる制度です。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。

新着情報 アクセス お問い合わせ