東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

学費・奨学金制度・ダブルスクール

学費納入金とその他の費用

学費 はり・きゅう・
あん摩マッサージ
指圧科
はり・きゅう科 柔道整復科 鍼灸マッサージ
教員養成科
入学金300,000円300,000円300,000円300,000円
前期授業料750,000円500,000円500,000円600,000円
施設管理費100,000円100,000円100,000円-
入学時納入金額1,150,000円900,000円900,000円900,000円
後期授業料750,000円500,000円500,000円600,000円
初年度合計金額1,900,000円1,400,000円1,400,000円1,500,000円
2年次学費等合計金額
(前期 + 後期)
1,600,000円
(850,000円 + 750,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,200,000円
(600,000円 + 600,000円)
3年次学費等合計金額
(前期 + 後期)
1,600,000円
(850,000円 + 750,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
1,100,000円
(600,000円 + 500,000円)
-
合計金額3年間
5,100,000円
3年間
3,600,000円
3年間
3,600,000円
2年間
2,700,000円

← スクロール →

※2年次学費等及び3年次学費等の前期納入金額には施設管理費100,000円が含まれております。

その他の費用 はり・きゅう・
あん摩マッサージ
指圧科
はり・きゅう科 柔道整復科 鍼灸マッサージ
教員養成科
白衣・教科書・教材
(3年間合計)
約220,000円約210,000円約260,000円約120,000円
常陽会費
(入学時のみ)
30,000円30,000円30,000円30,000円

※教科書・教材費は毎年改版・改訂等があり3月中旬には確定します。

※卒業後、常陽会(OB会)を通じて「鍼灸賠償責任保険」に申込できます。また、会主催の特別講演等を生涯無料で受講できます。

※その他の費用は入学前(3月下旬)に払込みが必要となります。

併願制度(1回で複数の学科が受験できます。)

(1)はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科を第一志望とされる方は、
「はり・きゅう科」、「柔道整復科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。

(2)はり・きゅう科を第一志望とされる方は、
「柔道整復科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。

(3)柔道整復科を第一志望とされる方は、
「はり・きゅう科」及び、「ダブルスクール」への同時出願及び受験ができます。
※いずれの場合も、併願の学科の受験料は免除され、併願の学科の出願書類も不要となります。

学生特典

(1)本校独自の学費等減免・奨学金制度

1・入学金の免除・減免

本学園の卒業生(精神保健福祉学科を除く)で本校に再入学される方は、入学金を全額免除します。
また、本校の指定校推薦入試を経て、はり・きゅう科、柔道整復科、教員養成科に入学される方には入学金の減免制度がございます。詳しくは入試事務局までお問い合わせください。

2・学費等の減免

教員養成科以外の各学科で、1・2年次の成績・出欠席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、「進級時特待生」として進級年次の学費を年間100,000円減免します。
また教員養成科では、1年時の成績・出欠席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、「教員養成科特待生」として2年次の学費を前期・後期各期に300,000円ずつ減免します(合計600,000円の減免となります)。

3・奨学金の支給

ダブルスクールで入学された方には、はり・きゅう科、柔道整復科に同時に在籍している期間中の前期・後期各期に、「ダブルスクール奨学金」を100,000円ずつ支給します(最大3年間で600,000円の支給となります)。
また本校医療科の卒業生で、卒後すぐに教員養成科に進学される方に対しては、「教員養成科現役進学奨学金」を1・2年次の前期・後期各期に100,000円ずつ支給します(2年間で400,000円の支給となります)。

4・その他

ダブルスクールで入学された方は、はり・きゅう科、柔整科に同時に在籍している期間中の施設管理費について、1学科分100,000円を全額免除します(最大3年間で300,000円の減免となります)。

(2)公的な奨学金制度

日本学生支援機構(旧日本育英会)、東京都育英資金の奨学金があります。

(3)海外研修(中国 北京)

本校と提携関係にある現地施設の協力により実施しています。病院で担当の中医師と患者を診る実習や講義を受け、修了者には修了証書が授与されます。

(4)通学定期・学割

通学定期、旅客割引が適用されます。

(5)勤労学生控除

本校の学生で、所得税法等において該当する者は、勤労学生控除を受けることができます。

(6)単位認定制度

本校では、大学・短期大学・専修学校各種学校(文部科学省認定)・養成学校(厚生労働大臣認定)で履修した既取得単位を一部履修免除できます。

ダブルスクールとは?

「ダブルスクール(WS)」とは、「はり・きゅう科」と「柔道整復科」の両学科に同時期に入学し、両方の学科で学ぶことです。そのメリットは…。

メリット1最大120万円の学費が免除される

  • ①入学金(30万円)は1学科分だけ。
  • ②施設管理費(年額10万円)も1学科分だけ。
  • ③ダブルスクール奨学金(年額20万円)が支給されます。
  • ④受験料(2万5000円)は1学科分だけ。
個別に入学した場合
入学金、授業料、施設管理費3年間合計(はり・きゅう科) 360万円
入学金、授業料、施設管理費3年間合計(柔道整復科) 360万円
合計(A) 720万円
ダブルスクール特典
片方の学科の入学金免除 30万円
片方の学科の施設管理費免除(10万円×3年) 30万円
奨学金(10万円×2期×3年) 60万円
合計(B) 120万円
ダブルスクールに入学した場合
入学金、授業料、
施設管理費3年間合計(ダブルスクール)(A)-(B)
600万円

メリット2無理なく2学科で学ぶことができる

  • ①9時登校→17時10分下校。
  • ②相互間で単位が認定される。
  • ③2年次・3年次からでもWスクールを選択できる。

メリット33つの国家資格を3年間で獲得できる

通常は6年間を要しますが、ダブルスクールでは「柔道整復師、はり師、きゅう師」3つの国家資格を最短3年間で取得することができます。

少人数制の授業は内容が濃くマンツーマン感覚で学べる

田中雅子

東洋医学を学ぼうと決めたきっかけは、母の坐骨神経痛を治してあげたいと思ったことでした。病気はなかなか完治しなかったのですが、マッサージを受けると痛みが和らぎます。はり治療に効果が期待できるという話も聞いていました。そのようなことから、私が技術を身に付けて、直接治療したいと思ったのです。ただし、当時は食品系の企業に勤めていて、社会人9年目。自分の今後のキャリアを含めてさまざまな選択肢を考えた結果、会社を退職し、勉強に集中しようと決意しました。
学校選びで重視したのは、アクセスがよく、少人数制であることです。また、柔道整復だけではなく、はり・きゅうも学びたいと思っていたため、この学校はダブルスクール制度があるという点で魅力的でした。柔道整復の授業は、東洋医学の中でも身近な内容が多く、親近感が持ちやすいのが特長。ケガや疾患がどのようにして起きるか、またどうすれば治療できるかを基礎からしっかり学ぶことができます。技術を身に付ける実技の授業では、難しいこと、コツがつかみづらいこともありますが、本科・専科よりも学生数が少なく、先生との距離が近いため、その場で質問でき、マンツーマンに近い感覚で教えてもらえるのがよいところです。
資格取得後は鍼灸院に勤めて経験を積み、将来的には開業を視野に入れています。母のように疾患に苦しんでいる人たちと、そのサポートをする家族の心もケアできる医療人を目指します。

資料請求 アクセス