東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

専門実践教育訓練給付金制度

社会人のための新しい支援制度!厚生労働省に本校の取り組みや実績が認められました。 最大144万円給付

制度の目的

専門実践教育訓練給付とは

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

こんな方が利用しています。

仕事のスキルアップを目指す方 資格を取得してキャリアアップを目指す方

給付例

受給要件を満たす方が、指定講座の「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科」、「はり・きゅう科」、「柔道整復科」へ入学した場合

*就職:資格取得後1年以内に一般被保険者として雇用

3年間で最大144万円(受講費用の60%)の給付

給付対象者

この制度を利用できる方は、以下の条件が必要となります。

(1)雇用保険加入期間2年以上

(2)在職中、または離職後1年以内

(3)訓練開始の1か月前までに、ハローワークでキャリアコンサルティングを受け、訓練の『受講資格』を取得

(4)教育訓練支援給付を利用できるのは、45歳未満の離職者

(5)厚生労働大臣が指定する訓練給付対象講座を受講する場合

専門実践教育訓練給付金対象チェック

↓ START ↓

1. 現在、働いている。

はい→ 2へ  いいえ→ 3

2. 専門実践教育訓練給付金の利用ははじめてである。

はい→ 4へ  いいえ→ 5

3. 以前は働いていた。

はい→ 6へ  いいえ→ B

4. 2年以上同じ会社で働いている。または、離職をしたが1年以内に就職し、 通算して2年以上働いている。

はい→ Aへ  いいえ→ B

5. 以前の利用から、受講開始日までに10年以上経過している。

はい→ 7へ  いいえ→ B

6. 前の会社を辞めて1年以内である。

はい→ 2へ  いいえ→ B

7. 10年以上同じ会社で働いている。または、離職をしたが1年以内に就職し、 通算して10年以上働いている。

はい→ Aへ  いいえ→ B

Aのあなた

対象者と考えられます

Bのあなた

対象者ではありません

リンク集 ―詳しくはこちらをご参照ください―

資料請求 アクセス