東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

W ダブル スクール(WS)

「ダブルスクール(WS)」とは、「はり・きゅう科」と「柔道整復科」の両学科に同時期に入学し、両方の学科で学ぶことです。そのメリットは…。

Wスクール3つのメリット

最大120万円の学費免除 9時→17時で無理なく学べる 3年間で3つの国家資格の取得

メリット1 最大120万円の学費が免除される

  • Point1 

    入学金(30万円)は1学科分だけ

  • Point2 

    施設管理費(年額10万円)も1学科だけ

  • Point3 

    Wスク―ル奨学金(年額20万円)を全員に支給

  • Point4 

    受験料(2万5000円)は1学科分だけ

個別に入学した場合入学金、授業料、施設管理費3年間合計(はり・きゅう科)360万円
入学金、授業料、施設管理費3年間合計(柔道整復科)360万円
合計(A)720万円
Wスクール特典片方の学科の入学金免除30万円
片方の学科の施設管理費免除(10万円×3年)30万円
奨学金(10万円×2期×3年)60万円
合計(B)120万円
Wスクールに入学した場合入学金、授業料、
施設管理費3年間合計(Wスクール) (A)-(B)
600万円
通常の学費720万円-WS特典120万円=600万円

メリット2 無理なく2学科で学ぶことができる

  • Point1 

    9時登校→17時10分下校

  • Point2 

    相互間で単位が認定される

  • Point3 

    2年次・3年次からでもWスクールを選択できる

WS生:中村さんのスケジュール(例)

1日のスケジュール

メリット3 3つの国家資格を3年間で獲得できる

通常は6年間を要しますが、ダブルスクールでは「柔道整復師、はり師、きゅう師」3つの国家資格を最短3年間で取得することができます。

活用している在校生の声

中村英里香

幅広い年齢層のクラスメイトと勉強に励んでいます

中村英里香 / 入学前:大学生

大学時代はエアライン業界を目指していましたが、祖父の死をきっかけに実家の整骨院を継ぐ決意をして入学しました。父は柔道整復師として施術することはできますが、はり・きゅうの技術はありません。そのため、私がはり・きゅうを学び、出張治療を行なうことで、痛みに耐えて亡くなった祖父のような人を救うことができればと考えています。

現在は東京医療福祉専門学校のダブルスクール制度を利用し、柔道整復科と専科(はり・きゅう科)、両方の授業を受けています。オープンキャンパスでよく「勉強は大変ですか?」と聞かれますが、私はマイペースに進めているので周囲の人が想像しているほど大変ではありません。一方の学科の授業で学んだことをもう一方の学科の授業で復習できるため、知識が吸収されやすく勉強は捗っています。

またダブルスクールをしている分、友人の輪が広がり、普段から授業内容の話などをして、疑問を解決しています。友人の中には、すでに治療院で研修をしている人や、社会人として一般企業に勤めた後で入学した人もいます。もし大学に進学していたら、これほど幅広い層の友人はできなかったでしょう。施術に関する知識だけではなく、社会人としての心構えも日々学校で教わっています。

3つの資格をもつメリットって? 業界人に聞きました!

 秋元 高史

はり師、きゅう師、柔道整復師の資格を持つメリット

秋元 高史/ じゅうばん鍼灸整骨院 院長

3つの資格を持つ最大のメリットは仕事の幅が広がる事です。

柔道整復師は主に外傷を診るのですが、はり師・きゅう師の資格を持つことによって、経穴(ツボ)を使い東洋医学的なアプローチができるので、運動疾患だけではなく精神的な疾患や美容鍼灸、不妊治療といった治療の幅が広がります。多くの整骨院では鍼灸治療を取り入れているため、就職活動にも大変有利になります。

また、近年スポーツ選手のケアを行っているトレーナーも3つの資格を持っている方が多く、活躍できるフィールドが広がるのはメリットですね。

新着情報 アクセス