東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

本校の歴史・吉田流あん摩術

本校の歴史

沿革
1950(昭和25)年 4月 東京都中央区八丁堀に東京マッサージ師養成所を開設
創立者 平川荘作、所長に就任
1967(昭和42)年 2月 財団法人マッサージ技術協会を設立
1967(昭和42)年 9月 各種学校として認定
1974(昭和49)年 7月 理事長 平川信代、 校長 平川敏雄就任
1976(昭和51)年 8月 校舎を中央区日本橋蠣殻町に移転。校名を東京マッサージ師学校と改称
1977(昭和52)年 4月 専修学校として認定
1979(昭和54)年 3月 はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科増設
校名を東京鍼灸マッサージ学校と改称
1981(昭和56)年 3月 専門課程を設立
1983(昭和58)年 3月 中央区八丁堀2-29-15に地上5階、地下1階の新校舎を竣工
校名を東京鍼灸マッサージ専門学校と改称
1989(平成元)年 4月 校名を東京医療福祉専門学校と改称
1989(平成元)年 10月 校長 平川信代就任
1992(平成4)年 11月 学校法人常陽学園を設立
1997(平成9)年 4月 中央区新川に7階建て校舎竣工
理学療法学科、作業療法学科新設
2000(平成12)年 3月 本校舎隣に地上8階の校舎竣工
2000(平成12)年 4月 はり・きゅう科(昼間部・夜間部)増設
2002(平成14)年 3月 中央区新川に新校舎竣工、新校舎を1号館、旧校舎を2号館に
2002(平成14)年 4月 専門学校東京医療学院を設立し、東京医療福祉専門学校内に
設置されていた理学療法学科(夜)・作業療法学科(昼)を新校に移管、
同時に理学療法学科(昼)・作業療法学科(夜)を増設
2006(平成18)年 1月 中央区八丁堀1丁目に地上9階建て医療科新校舎竣工、
はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科が移転
2007(平成19)年 4月 鍼灸マッサージ教員養成科新設
2009(平成21)年 5月 校長 芳野 光子 就任
2010(平成22)年 4月 柔道整復科新設
2010(平成22)年 理事長 渡邊 賢二 就任
2012(平成24)年 4月 東京医療学院大学開学

吉田流あん摩術~吉田流あん摩術の唯一の継承校~

江戸時代に吉田久庵によって創始された「吉田流あん摩術」。

日本の伝統的あん摩術の流派の、ふたつのうちのひとつである「吉田流あん摩術」。本校の前身、東京マッサージ師養成所は、それを継承するために平川荘作によって設立されました。
「吉田流あん摩術」は、江戸時代に吉田久庵によって創始されたもの。 弦楽器の弦を弾くように筋線維を弾く“線状揉み”という独特の揉み方が特徴です。また、肘を使って揉む“肘揉み”も有名な手技のひとつです。

基礎から臨床までを実践に即して学ぶ、あん摩マッサージ指圧。
特にあん摩は、唯一本校だけに継承される「吉田流あん摩術」を3年間を通して習得します。

あん摩の歴史を振り返ると、古代中国にさかのぼります。
中国最古の医学書である黄帝内経に、あん摩のルーツと考えられている「導引あんきょう」の記載があります。
記録によると、西暦285年、応仁天皇の頃、百済王仁が、論語や鍼灸などと共に伝えたとされています。伝えられた「導引あんきょう」は、その後いろいろなアレンジが施され、いくつかの流派が生まれました。やがてそれが現在行われているあん摩になったのです。その代表格が吉田流あん摩です。

吉田流が産声を上げたのは幕末で、その祖は吉田久庵です。
埼玉県の一農家に生まれた久庵は、周囲の影響もあって医師を志します。
郷土で学んだ後、長崎に渡り、オランダ医学の清楚さに感銘し、その視点から鍼灸や導引を研究、吉田流を完成させたのです。その特徴と言えるのが線状揉みです。

その後、二代、三代とその技術を受け継ぎ日本橋を拠点としてきた吉田流は、三代目で絶えてしまいます。この緊急事態に一念発起したのが、三代目門下の平川荘作でした。
平川は、「吉田流を何とか残さなければ」という弟子たちの思いを結集し、昭和25年、 中央区の八丁堀に東京医療福祉専門学校の前身である、東京マッサージ師養成所をつくり、吉田流の伝承に努め、発祥当時そのままの技を、次の世代に伝承しております。

新着情報 アクセス