東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

メニュー

卒後教育

浅川ゼミ(中医学の著名な浅川要先生による鍼灸術)

卒業後さらに臨床技術を磨けます。

このゼミは、中医学で著名な浅川要先生により鍼灸術の習得を目的に設置されました。本校の卒業生で、鍼灸免許を取得し、さらに高い技術を得たいと考える人を対象に、年間30回の講義を行っています。

講師プロフィール

浅川 要(あさかわ かなめ)
浅川 要(あさかわ かなめ)
1946年 東京に生まれる
1971年 早稲田大学第1文学部東洋史学科卒業、(株)中国通信社勤務
1975年 東京高等鍼灸学校(現東京医療専門学校)卒業、鍼灸あん摩マッサージ指圧師免許取得、横山瑞生氏に師事
1979年 白髪橋病院、冨士見病院勤務を経て、浅川鍼灸治療院開業
1980年 「中医臨床」創刊に参画、以後編集委員
現在 東京医療福祉専門学校「鍼灸マッサージ教員養成科 講師」、東京中医鍼灸センター院長

実施概要

○前半は取穴法と刺鍼技術を中心に行います。

  • *基本の取穴を覚える。
  • *どのような鍼も刺鍼でき、あらゆる部位に刺鍼できる技術の習得。
  • *全員、基本として、打ち打たれる経験をする。

○後半は中医診察法を中心に診察~診断~治療までを行います。

  • *熟練度によって内容を変更することがあります。

浅川ゼミ会

浅川ゼミ研修終了者が中心となって設立された会です。毎年3月に症例発表会を開催し臨床に対する知識・技能の研鑽に取組んでいます。

浅川ゼミ会ホームページへ

山本ゼミ(スポーツトレーナー)

テーピングの技術を日本に輸入した先駆者である現役プロトレーナー山本忠雄先生による講座。
少人数制で徹底的に教授。

人体の関節や筋肉の解剖的構造を理解すると共に、怪我の多い部位についての障害予防や受傷した際のケアの方法を習得することを目標としています。

講師プロフィール

1945 年生まれ。東京都北区出身。米国トレーナー協会会員。
日本大学卒業後、日大アメフト部のトレーナーとして、10年間活動。
テキサス州にあるサザンメソジスト大学のヘッドトレーナー、バーグウェル氏のもとで、さらなる技術の向上を目指し研鑽に励む。
現在は主として、今話題の2012年ロンドンオリンピックの金メダリストでプロボクサーとして活躍している村田諒太選手のトレーナー。過去には自転車世界選手権で10連覇を達成した中野浩一、ボクシング元東洋太平洋フェザー級王者葛西裕一、オリンピック柔道に出場した斎藤仁、小川直也、ゴルフでは倉本昌弘、服部道子といった日本のトッププレーヤー等を指導。著書も多数。

実施概要

講義内容

【山本式】肩・腰・膝・手首・肘・アキレス腱へのアプローチ
現役スポーツ選手をゲストに迎え、治療法の解説
実際に現場に出向いての治療見学

中医学セミナー(中医学の理論を基礎に、漢方薬や鍼灸の場を活かせる治療家を養成)

臨床家としての能力をより高める為に、中医学の理論から実践までを学べるセミナーです。

はじめて中医学を学ぶ人から、より専門的な内容を学びたい人を対象としたセミナーです。 中医学の理論を基礎に、漢方薬や針灸を臨床の場に活かせる治療家を養成するため毎年4月に開講しています。 また、本セミナーは在学中でも受講可能です。

中医学研修セミナーの詳細はこちら

資料請求 アクセス