東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

進み道はいろいろあっていい!・・・個別相談に来ませんか?

東京医療福祉専門学校 事務局です。
今日は、大学への進路をお考えの方に読んでいただきたいお話をします。

大学センター試験が終了して、自分の進路を見直し始めている方もいる頃かと思います。
いまは「大学全入時代」と言われ、高望みをしなければそこそこの大学には入学できる・・・
などとも言われていますね?
でも、そこで4年過ごした後はどうでしょう?
就職も決して楽な道ではなく、また一から自らの生き方を模索する時間が必要に
なりそうではないですか? いちばん時間を有意義に使いたい時に。

いま、あなたに問いたい。
あなたが大学に行く本当の理由はなんですか? 「なんとなく」だったりしませんか?

「目指したいことを見つけに行く」という考え方もありますが、その考え方で大学に行っても
ゆくゆくいまの社会の「素早さの波」に乗っていくのは、相当困難だと思います。
皆さんのご両親が若い頃は、大学に行くのがある程度「標準」的で、大学を出さえすれば
それなりの生活ができるはずという経験則があります。
でも、いまの時代は、いまの社会ではそれは通用するでしょうか?

目線を変えて、手に職を付ける専門学校に進むという道は、どう映るでしょうか?
専門学校の専門課程は大学や短期大学と同じく高等教育機関と位置づけられています。
大学より短期間で、将来の仕事に役立つ様々な技術を獲得できるのが専門学校です。
更に、獲得目標が国家資格だとすれば、卒業後の社会的信頼性も高く、より質の高い
仕事を若いうちから得ることができる可能性が高まります。
また、あなたが社会に貢献する存在でありたいと願うなら、医療系国家資格への道を
考えてみてはいかがでしょうか。心身の困難の渦中にある人に、手を差し伸べられる
技術と知識を得て、「ありがとう」と直接言われる仕事がずっとできるのです。
それは、あなたが求めていることと合致しませんか?

いまこそ、将来を考える多くの人々に声を大にして伝えたい。
専門学校は「大学に行けない連中が仕方なく行くところ」ではない!・・・と。

専門学校である本校が指導目標とする鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔整師は、
原則として更新のない一生ものの資格です(もちろん自ら勉強し続ける必要はあり!)。
また、医師・歯科医師と同様に自分の治療院を開業することができる資格です。これは
医療系国家資格としては大変貴重なことで、古い言い方ですが、「一国一城の主」と
なることができる資格と言えます。

こんな話を聞いて疑問に感じたら、あるいは気持が揺らいだら、私たちには「個別相談」
という手段で皆さんのその心を受け止める用意があります。
ぜひお気軽に、私たちにお電話ください。メールでも結構です。そしてあなたの夢を
聞かせてください。あなたの未来について一緒に話をさせてください。

本校受験の機会はあとわずかですが、まだ間に合います。
ご連絡をお待ちしています。

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 吉田流あん摩術
  • 附属治療院
  • FACEBOOK
  • FACEBOOK
  • 中医学研修セミナー

東京医療福祉専門学校

新着情報 アクセス お問い合わせ

MENU