東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

卒前臨床講座 初日

今日から4日間の日程で
3年生向けに卒前臨床講座が始まりました。
初日の演題は当校教員養成科の大内先生による
「びわの葉温圧灸・泌尿器疾患の鍼治療」でした。
 1コマめはビワの葉温圧灸について講演・公開実技でした。
健康の鍵である

「自然治癒力の活性化」

を軸に血液の質が食物により規定されること、
生活空間における自然放射線の重要性、
免疫など多岐にわたりお話しいただきました。
それら健康の維持・回復の一つの解答として
ビワの葉温圧灸をご提示いただきました。

講義のあと、学生モデルを募り実演がありました。
 2コマめは泌尿器疾患の鍼治療の講演・公開実技でした。
先生ご自身が大学で研究していた分野だそうで
専門的なデータを織り交ぜての講演でした。

鍼灸で泌尿器というのもなじみがないように思われがちですが、
データに基づく有効性と潜在するニーズがあるとのことでした。
鍼の実技では3寸(9cm)の
長鍼を用いた通電療法をご披露いただきました。

 初日から大変興味深い内容で終了後も先生に
質問する学生の姿が見受けられました。あと3日、
卒業を控えた皆さんにとって実り多いものであることを願います。

0-image20150302083941

1-image20150302083941

2-image20150302083941

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 吉田流あん摩術
  • 附属治療院
  • FACEBOOK
  • FACEBOOK
  • 中医学研修セミナー

東京医療福祉専門学校

新着情報 アクセス お問い合わせ

MENU