東京医療福祉専門学校

はり・きゅう・あん摩の伝統校

危機管理の励行

柔整科教員ブログが更新されました。

学校の再開以降、最も気を遣っているのは校内における
感染の拡大防止です。
新型コロナウイルスに限ったことではありませんが、
今回のことで改めて気付かされたことが、皆さんの周りでも
いろいろとあるのではないでしょうか。

私たち学校を運営する者ができることとしては、
人が手を触れやすい部分を定期的に消毒・清拭すること、
館内換気をよくすること、人同士の距離を保つこと程度ですが、
決定的なワクチンや薬剤のない中、そんな些細な活動が
感染を防止し、安心感を作り出すことにもつながると
考えます。

今回は柔整科教員の活動を片桐秀樹先生が報告してくれます。
こちら からご覧ください。

いま何より大切なのは、ひとりひとりが自分の行動に
意識を払うことです。他者の行動に・・・ではありません。

今のそのマスクの掛け方は大丈夫ですか?
外から帰った後、流水で手洗いしましたか?
今朝は体温をちゃんと測りましたか?
体調の変化をまぁいいやと見過ごしてませんか?

もう一度、自分の毎日を振り返ってみましょう!
飽きることなく、それを続けていきましょう!

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 吉田流あん摩術
  • 附属治療院
  • FACEBOOK
  • FACEBOOK
  • 中医学研修セミナー

東京医療福祉専門学校

新着情報 アクセス お問い合わせ

MENU